« キーボード買い替え | トップページ | Dell 32 Bit Diagnostics »

2006年8月18日 (金)

USBメモリからのDOS起動2

まあ、なんというか続きというか今回は作成方法を起動ディスクの作成方法についてもう少し詳しく書いてみようと思います。

最近はFDDが搭載されていないPCなんかも結構多くなってきたので何かあったときの診断とかリカバリとかが大変です。
FDDは搭載していなくてもUSBは最近の物はだいたい搭載しているのでそこからDOSを起動する方法について書いてみようと思います。

まずは何とかして、DOSを起動するための起動ファイルを準備しないといけません。
Win9x系だったらPCから直接持ってくることが出来るのですが最近のWinはNT系なのでファイルがありません・・・。
FDDがあれば、「マイコンピューター」→「3.5 インチ FD」を右クリックして「フォーマット」を選択しててきたウィンドウで「MS-DOSの起動ディスクを作成する」にチェックを入れて「開始」をクリックすればよいのですが・・・。

Format

でも、FDD無しモデルだと上記が出来ませんので毎度の事ながら裏道を探します。(笑
Windows98のBoiotImageを探してみたら、見つけました!ココからイメージを入手します。

DLできたら解凍してファイル「WIN98C.IMG」を入手します。
イメージファイルは入手しましたがここから起動ディスク作成に必要なファイルを取り出さないといけません。
そこで、DiskExplorerというソフトを使います。
起動すると、開くイメージファイルの指定画面が表示されるので先ほど入手した「WIN98C.IMG」を指定してあげます。

Open ファイルを指定

Open2 イメージ方式を指定

Open3

必要になってくるファイルは
・IO.SYS
・MSDOS.SYS
・COMMAND.COM
の3つが必要なだけなので選択して「ファイル」→「取出して保存」で適当な場所に保存しておきます。

Open4

次に、USBメモリからの起動をするためには起動ディスクにしてやる必要があります。
今回は探してみたら便利なソフトを発見したのでHP USB Disk Storage Format Toolというソフトを使います。

インストールして起動します。
(このときにUSBメモリはPCに認識された状態になっていないとダメです)

Open5

・Device:装着したUSBメモリーを選択
・File system:FAT32
・Volume label:適当に名前を付けてください(無くてもOK)
・Quick Format:チェックはどちらでもいいです。(時間的にはあまり変わりません)
・Create a DOS startup diskをチェックしてDiskExplorerで「取出して保存」で保存したファイルの保存先を指定します。

指定が終わったら「Start」をクリックします。
うまくいっていれば以下のような画面が表示されますので「はい」をクリックすればBoot可能なUSBメモリが作成されます。

Open6

Win98のロゴがうざったいときには、MSDOS.SYSを書き換えてやる必要があります。

中身を全部消して、以下のような形に書き換え
(読み取り専用になっているので書き込みできるようにする必要があります)
[Options]
BootGUI=0
BootMenu=0
Logo=0

|

« キーボード買い替え | トップページ | Dell 32 Bit Diagnostics »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165116/11488430

この記事へのトラックバック一覧です: USBメモリからのDOS起動2:

« キーボード買い替え | トップページ | Dell 32 Bit Diagnostics »